ローンが組めない?

ローンが組めない? バーチャルオフィスを利用しているとローンが組めないという噂がありますが、これは正確ではありません。ただし、利用しているバーチャルオフィスのサービス内容によっては審査で信用を得られずに落ちてしまうことはあります。
ローンに申し込めば金融機関から電話がかかってきますが、実際のオフィスとして使っている場所の電話に転送してくれるものを選びましょう。事業目的であれば電話で話をするだけでなく、担当者が会社に訪問してくる場合もあります。このときに無人のオフィスでは面談できなくなってしまうので有人で来客対応を行ってくれるレンタルオフィスを利用して訪問者の名前と連絡先をすぐに転送してもらい、こちらから連絡します。面談する場所は応接室や会議室がレンタルできるので、それを利用すると良いでしょう。
担当者と連絡が取れる状況でローンが組めない場合、バーチャルオフィスであることが理由ではなく、会社の事業実績が不十分で信用されなかったと考えられます。

バーチャルオフィスが家族にバレるキッカケ

バーチャルオフィスが家族にバレるキッカケ バーチャルオフィスは起業し始めた方やフリーランスの方にとって、実際にオフィスを借りる事に比べると格安で最低限のオフィス環境を手に入れる事が出来るので、近年では需要が高まっています。
そんな便利なバーチャルオフィスですが、中には周囲や家族に秘密で起業を始められる方もいらっしゃいます。
そういう方々にとって、バーチャルオフィスを利用することで周囲の人達や家族にばれてしまう事はあるのでしょうか?
家族にバレるきっかけとなるのは、郵便物が自宅に届いてしまう恐れがある事です。
これはバーチャルオフィス宛てに郵便物が届いた時の転送先を自宅にしている場合に起こってしまいます。
これを防ぐ為には2人以上で起業されていて、パートナーが周囲を気にバレる事をされていなければ、ご自宅定転送出来るようにして下さい。
又は、ご自身で直接運営オフィスに受け取りに行く方法です。
しっかりと最初にこれらを確認し、設定していれば、バレる心配はないはずです。